企業向けにはどのようなコンサルティングをして頂けますか?

顧問先のニーズに応じてコンサルティングのタイプは千差万別ですが、資金繰りの予想を立てながら、今何をしたらよいのかをアドバイスしてくのが基本形です。
その他に、今行っている例を挙げますと、営業会議、幹部会議、店長会議等の出席(アドバイザーとして) 人事、労務、法務等のご相談(専門的な事案については、弁護士、社労士につなげます) 銀行交渉の同行が主なサービスになります。クライアント様の経営者からは「なんでも相談できる存在」とのご評価を頂いており、経営者にとって唯一無二の存在を目指しております。