【経営サポートクラブ】「第4回セミナーを開催しました」

1月10日に経営サポートクラブ第4回セミナーを開催しました!

今回は「税理士なら押さえておきたい民法相続編の改正」と題しまして
司法書士法人 トリニティグループ 代表司法書士の磨和寛先生にご登壇いただきました。

〇配偶者居住権の創設
〇自筆証書遺言の保管制度
〇遺留分侵害請求権
〇新事業承継税制の落とし穴

を中心に具体例を交えて、テンポある熱いお話に写真を撮るのを忘れてしまってました。。。

私もクライアントからは「事業承継」にかかる「自社株相続」の相談を近年は多く受けており
磨先生のお話は大変勉強になりました。

『「税務」ばかりのアドバイスをしていると「民法」が置き去りになっているのが現実』
この言葉は、現場で多くの経験を重ねている磨先生からの重い言葉だと感じました。

当倶楽部からのリクエストにより、7月に「家族信託」についてもお話を頂けることが決まりました!

後半は私から「ダンパ返済(リスケジュールにおける返済不一致)の解消方法の事例」についてお話をさせていただきました。

本年度につきましては、今回で終了し、4月からは新年度として当倶楽部は2期目に入ります。

次回(4月11日)は私が「経営者保証ガイドラインの攻略法」についてお話をさせていただきます。
2期目におきましても、多様なラインナップにて皆様の研鑽の場をご提供していきます!

「経営サポート倶楽部」