【セミナー後記】「早期経営改善計画策定支援セミナー(3回目)を行いました」

11月28日にエッサム様主催にて

会計事務所の新たな収益の柱となる「早期経営改善計画策定支援」とは?

と題してセミナーを行いました。

本セミナーは6月、8月に続き、皆様の好評にて3回目の開催となりました。

3回目にも関わらず、前回もご参加して頂いた方もいらっしゃり、30名を超える税理士の皆様にご参加いただきました。

7月から「産業競争力強化法」が一部改正され、「経営等革新認定機関」に対して「更新制」が導入されました。
定」だけ取得して何の実績もない「名ばかり支援機関」を排除させるためですが、今後、「更新」を受けるためには「実績」を残していくことが必要になります。

その入り口として「早期経営改善計画策定支援」は取り組みやすいものであります。

しかし、顧問先へのセールス方法や本制度の本来の目的をきちんと理解していない方が大多数であることから、本制度と「銀行融資」へのメリットを説明させていただきました。

セミナー後には

〇「実績」を残すためにどうしたらよいか
〇「顧問先」へのセールストークをもっと教えてほしい
〇これから「支援機関」の認定を取りたいが、自分でできるのか?

など多数のご質問を頂き、皆様の関心の高さを感じました。

弊社では、会計事務所とタッグを組んで、一緒に本制度の支援を行っております。

顧問先への経営支援のみならず、会計事務所の「売上の柱」となるべく、是非皆さんには取り組んでいただきたいと思います。