代表者紹介

私自身が貴社の経営をする想いで
一人で悩む中小企業経営者のサポートをさせて頂きます。

資金繰りコンサルティングへの想い

「今月は黒字で良かった!」「今月は赤字だったがこれからどうしよう」など毎月の結果で一喜一憂する経営者の方は多くいると思います。
しかし、資金繰りは来月、3か月後、6か月後はどうか?までは頭が回らない方も同時に多くいることでしょう。

「いかに黒字でも資金繰りが回らなければ手形が決済できない」
「いかに赤字でも資金繰りが回ればまだチャンスはある」

当たり前のことのように聞こえるのですが、この「資金繰り管理」こそが企業経営の生命線であると私は思うのです。

中小企業経営者の悩みのトップは「資金繰り」です。

しかし、資金繰り管理は面倒だし、手間もかかります。経営者が資金繰り管理に忙殺されていては、経営者の本業たる「営業」に支障が出ますし、中小企業で資金繰り管理をしているところはほんの僅かです。

中小企業には「ヒト」「モノ」「カネ」に振り向ける原資には限りがありますし、「時間」にも余裕がないことでしょう。
いい技術、いい商品、いい人材がいるのに、「カネ」の悩みで諦めてしまっている企業も多数見ております。
そのような頑張っている中小企業の少しでも力になれたら!の想いで特に「資金繰り」に重きを置いております。

「資金繰り」とは「ヒト」「モノ」「カネ」を表現し、将来を語れる唯一のツールと言っても過言ではありません。

私も含めて経営者は孤独です。

一人で悩まずに勇気をもって相談されることで、1社でも多くの中小企業経営者の心強いパートナーになりたいと思っております。

企業は継続してこそ価値のあるもの

私の信条は「顧問先をつぶさない!」にあります。

事業継続を諦めて、法的整理を受けるのはいつでもできます。もちろん過去の負債を免責されることで気持ちが楽になることでしょう。しかし免責後の人生も楽なものではありません。

会社を継続させていくことは、辛く苦しいことも多々ありますが、必ずチャンスは訪れます。そのチャンスを迎えるだけの会社にしておくことが私の仕事だと考えます。

私に相談された経営者のほとんどが「もうダメかも」との顔つきでいらっしゃいます。
手元にわずかな預金しかない企業でも今では、順調に事業を伸ばしているクライアントも多数おります。

「そこで諦めたら終わり」
「諦めなければ必ず道はある」

このふたつの言葉を私自身大切にしております。

他のコンサル会社との違い

銀行OBたるコンサルタント会社は数多く存在しますが、私と他のコンサル会社との違いは何でしょう?と周囲の方に伺うと

「熱血漢で感情豊か」
「仕事のスピード感がある」
「判断力がある」
「難しい話を分かりやすく話してくれる」
「数字だけの機械的な話はしない」
「成果をコミットしてくれる」
などなどの言葉を頂きます。

私自身では正直分からないのですが、とにかくコンサルタントは「評論家」ではなく「実務家」であり「パートナー」であるとの想いは忘れないようにしております。

もちろん、元銀行員として銀行融資のプロではありますが、銀行融資だけのアドバイをしているわけではありません。

前述のとおり、「資金繰り」を通して、企業のかじ取りをいかに行っていくか、経営者と一緒に悩み考え、答えを出していく、このスタンスを10年以上継続していることを評価して頂いていると思っております。

また、会計事務所業界に多数の講演実績があり、会計事務所向けのコンサルティングを行っている実績からも、「会計・税務のプロ」の皆さんからもご評価を頂いている点が他社との違いとも言えます。

講演実績はこちら

なぜ銀行を辞めたのか

平成8年に当時の大和銀行(現りそな銀行)に入行し、都心店舗を中心に法人融資業務を主に行っていました。特に法人の新規融資先の開拓する部門にいた時期が長く、足で稼ぐ泥臭い営業も多く経験してきました。
また、本部の融資審査セクションでの業務も経験させて頂き、難解な案件に対する本部の考え方も学ばせてもらいました。

なぜ銀行に入ったのか?

答えは意外に単純で「多くの企業、多くの経営者に会え、多くの事業を目にすること
ができるから」でした。

世間的には、順調に仕事していると見られていたのですが、私自身の心のなかでは

「経営者と本当に膝を付け合わせて話ができているのか?」
「本当にこれがやりたい仕事なのか?」

との自問自答が続いていたのです。

そんな悩んでいる時にとある本で「人生一度きり」とのフレーズを目にした時に

「やはり私がやりたいことは経営者と一心同体に悩みを共有し、アドバイスできる仕事」だとの想いで、思い切って34歳で退職したのです。

退職して、銀行員の肩書が外れ、世間の厳しい目で見られたことも多く経験してきました。
独立起業する想いや、苦しさ、孤独感なども数多く体感してきましたが、今ではクライアント経営者の喜ぶ顔を拝見するのが何よりも私のパワーの源です。

規模は違えども、私も同じ中小企業の経営者として、悩みを皆様の良き相談パートナーとして私の知識と経験をフルパワーで活用させて頂ければ幸いです。

 

事務所名 株式会社スペースワン
代表者氏名 徳永貴則
所属団体・活動 金融税理士アドバイザー講座事務局 専任講師
経営サポート倶楽部発起人
著書・DVD 【著書・雑誌等掲載】
□「会社の資金繰り 絶対やっておくべきこと 知っておくべきこと」(あさ出版)
□「リスケの出口が見つかる 資金繰りと銀行交渉の全て」 (同友館)
□「会社の知恵袋」(ソフトバンクインベストメント法人会会員誌)
□ Doctor Journal 「ドクターのための医業経営支援情報誌」
(一般社団法人 全国医業経営支援協会)
□「日税ジャーナル」「『事業性評価融資』を理解することで会計事務所と顧問先の
           距離が近くなる」(インタビュー記事 日税サービス)
□「売上高3億円の会計事務所が今やっていること!」 (ゼイカイ出版)
□「もしや! 恐慌に備えて今やっておくべきこと(明日香出版)【DVD】
□「平成29年に暫定リスケは終了? 中小企業はどう備えるか?」
(レガシィDVD)
□「究極の資金繰り対策で 顧問料アップ!!」
(ゼイカイDVD)
□「実例公開!! 「融資」と「財務」で顧問料をアップさせる秘訣とは」
(ゼイカイDVD)
□「初めでも大丈夫!! 税理士が無理なく作れる中小企業庁制定の改善計画書」
(ゼイカイDVD)
□「会計事務所が知っておくべき銀行融資」 (ゼイカイDVD)
□「円滑化法終了でどうなる銀行の対応 待ったなし!! 「リスケの出口戦略」
(ゼイカイDVD)
□「認定税理士をアピール!! ビジネスに活かす『経営革新等支援機関』
(ゼイカイDVD)
出身地 佐賀県佐賀市
趣味 ジム通い、日本酒飲みくらべ
経歴 平成8年3月 明治大学政経学部卒業
平成8年4月 大和銀行(現りそな銀行)入行
平成24年1月 株式会社スペースワン創設
平成24年6月 金融税理士アドバイザー講座開講
平成29年5月 経営サポート倶楽部発足