中小企業向け資金繰り、経営改善コンサルティング(顧問契約型)

経営者と二人三脚で「会社の利益を1円でも引き上げ」、「資金繰りを好転させる」方法を考えていきます。金融機関との取引関係についても見直しをさせて頂き、会社にとって最善の策を探していきます。

サービス概要
中期的に経営の改善や労務、法務、財務面での改善を行い、会社の方向性を定めていきます。
専門的なご相談については、提携している税理士、弁護士、社会保険労務士等のネットワークがあります。
<顧問契約の流れ> あくまで、貴社の「企業の歴史」や「企業文化」の良い面は尊重していきます!

① まずは会社の決算やその他資料を拝見しながら、会社の全体像のお話を聞かせて頂きます。
② 会社が直面している問題点について、優先順位をつけていきます。
③ 弊社がどのようなコンサルティングを行い、問題点に対しどう対処していくのか方向性をご提示します。そこで方向性を共有させて頂いて、顧問契約のお話しに入ります。
④ 顧問契約締結後、会社の資金繰りをチェックさせて頂いて、当面の資金繰り予想を立てます。
⑤ 金融機関との交渉が必要な場合には、どの資料が必要なのか?どういった話をすべきなのかをご相談して参ります。
⑥ 資金繰りについては、毎月情報を更新し、常に先の先の予想のもとに、今何を行うべきかのコンサルティングを行ってまいります。

※顧問契約先とは常に資金繰りの更新を行うことで「ヒト」「モノ」「カネ」にかかるご相談をお受けしながら、最善の策を一緒に考えて参ります。

料金
<顧問料の目安(月額:税抜)>
具体的にはご相談の上で決めさせていただきます。会社規模だけにとらわれません。

年間売上高 3億円未満 3億円~5億円未満 5億円~10億円未満 10億円以上
顧問料の目安
(月額・税抜)
5万円~20万円 10万円~25万円 20万~30万円 30万~

【顧問料に含まれるサービス】
①月1回の訪問によるコンサルティング(訪問頻度等はご相談させて頂きます)
②電話・メール等のよるご相談(回数制限等はありません)
③資金繰り表等の資料作成