主要セミナー・講演メニュー

①銀行の種類と機能について

・メガバンク、地方銀行、信金信組、政府系の機能と役割とは
・支店の立地によっても役割が違う(支店長権限の金額も違う)
・会社の成長ステージによって金融機関を使い分ける

②民間銀行の融資思考回路について

・資金調達環境の変化(時勢に応じて)
・「リスク」の極小化、「収益」の極大化
・支店の方針は常に変化すると考えたほうがいい
・将来よりも過去の実績(決算)を重視する
 ・貸すだけが融資ではない(資金還流の原則)
 ・歩留り、歩積両建、非拘束定期預金の考え方
 ・銀行に必要な「経営姿勢」とは
 (定性面の評価も入る、中小企業融資=経営者への個人融資)    

③融資申し込みに必要な書類の準備

・財務3表とは 「過去」→「現在」→「未来」の流れで説明
・内容を自ら説明できるか?(決算書)
・何故お金が必要なのか?(資金繰表)
・どうやって返済するのか?(資金繰表)
・会社の現在はどうなっているのか(試算表)
・保証協会は直接出向くことが重要
・個人資産は可能な限り開示するほうがベター

④融資審査の流れについて

・支店長決裁の場合の支店内の回付ライン
・「稟議書」と「事前協議書」の違い
・審査に時間がかかる3つの要因(担当者、融資課長、支店長)
・銀行員のキャリア・得意分野にも審査判断は左右される
・審査のポイントは「資金使途」と「返済原資」

⑤決算書の見方について

・決算書はB/S,P/Lだけではない
・減価償却不足の黒字は何の意味もない
・売掛金を「その他」でくくらないこと

⑥決算説明の方法とは

・自らが決算内容を分析し銀行に説明する習慣が高評価を得る
・決算説明ダイジェスト書式の説明
・「実績」→「展望」を説明するには、SWOTの流れで

⑦運転資金の種類とは

・増加運転資金、賞与・納税資金、他行返済資金、赤字補填資金、リストラ資金
 支手決済資金、手元流動性確保資金
・運転資金とは返済する必要がない資金である
・運転資金とひとくくりにしてはいけない
・保全の考え方は「見合い資産」の法則がある(バランスシートからの分析)
・運転資金はあくまで「正常な運転資金」の金額のみ

⑧銀行取引推移表は情報の宝庫

・中小企業の借入返済原資は「収益+折り返し資金」が常套
・借入金額総額の判断ではなく、短期・長期・保証協会の区分も重要
・借入取引の履歴は3年ほどのタームでチェックしている
・銀行取引の数の理想形は

⑨リスケジュールの方法について

・リスケをする前に準備しておくこと
・リスケのメリット・デメリット
・リスケをしたら新たな借入はできないのか?
・プロラタの原則と例外対応の事例
・「ビジネスローン」のリスケ、「保証協会」のリスケ、「プロパー」のリスケの違いは
・「条件変更手数料」はどういったものか?
・リスケをすると金利は何故引き上げられるのか?引き下げないテクニックとは
・リスケの出口はどのように見出すのか
・リスケ中の銀行とのコミュニケーションはどうしたらいいのか

⑩金利の仕組みとは

・金利は4区分の構成要素から
・金利の仕組みを理解することが金利コスト引き下げの第一歩
・銀行のタイプにより提示金利が異なるのは何故なのか

⑪信用格付の仕組み及び審査への影響について

・決算書の査定方法
・「要注意先」の目線となる3つの指標とは
・信用格付でランクが定められる
・格付ランクで融資金額、期間、金利、無担保範囲が定められている
・「臨時見直し」とはどういった時に行うのか?
・リスケをすると格付はどうなるのか?
・格付を上げるための手法は

⑫金融検査マニュアル解説

・事例を交えての解説
・代表者合算ルール
・法定償却年数範囲内の設備資金リスケ
・要管理債権の認定ルール
・要管理債権卒業基準

⑬士業向け高レベルセミナー

・事例企業に基づく借入金の仕訳
・銀行取引推移表と絡めた融資申し込み方法
・税理士と一緒に銀行に行くことがいいことなのか

⑭経営計画書はどのように作成したらいいのか

・経営計画書が何故求められるのか?
・経営計画書は特に必要なものではない。大事なのは資金繰り表である。
・資金繰り表から経営計画書への展開について

その他、貴社、貴所のご要望に応じて内容は柔軟に対応させて頂きます。

seminar_H26-5